Recent news & updates

マトリョーシカ · 2017年4月10日 月曜日

もぬけの殻になった長男の部屋から見える満開の山桜。

 

息子のことが大好きだった麦なのに、息子がいなくなったことなど

まったく気にも留めていない様子。

 

私、一週間ほど背中の痛みに悩まされていました。

長男が一人暮らしをはじめて、

私の心の中にぽっかり開いた穴のせいで、

体のバランスが少し狂ったのかもしれません。

背中の痛みは、実は懐かしい痛みでもありました。

息子は小さい頃は気難し屋の甘えん坊で、

おんぶをしないと昼寝にしろ夜にしろ寝ない子だったので、

いつもおんぶをして寝かしつけ、

やっとこ寝入ったのを待って、そっと布団に連れていく毎日。

多分一歳近くまでそんな状態だったので、

私の背中はよく悲鳴をあげて

寝込んでしまうということもありました。

次男が生まれてからは、今度は次男をいつもおんぶして

長男の外遊びに付き合っていたので、

息子たちが幼い頃は、いつでも背中の痛みを抱えた日々

だったように思います。

この春は、そんな息子の巣立ちで、長年の肩の荷が下りたはず。

なのに、なぜなんだろう?この痛み。

子育て期のノスタルジーとして、

最後に神様が思い出させてくれているのかな~なんて

こじつけたりして。

 

こんな私の事を案じて、実家の母から渡されたメモは、

背中の痛みを改善するストレッチを検索して、

手書きしてくれたもの。

そのメモをたよりにストレッチをやりながら、

子を案じる母ごころを、そのまた母が案じているという

母ごころのマトリョーシカ状態に泣けちゃうのです。

次男の高校生活もスタートし、またお弁当作りも始まったことだし、

いつもの忙しない日々が、立ち止まりがちな気持ちを

どこかへ押しやってくれるでしょう。

生活っていつもそんなもの。

 

さて、

お休みしている間に、ひそかに5周年を迎えましたハコニワ。

いつまでたっても、こんなゆるりな状態ですが、

これからもお付き合いいただけましたら幸いです。

今週は木曜から土曜までopenします。

オテテベーグルは木曜に届きますよ。

春の庭で、雑草抜きなどしながら

店番しておりますね。

 

 

 

春のコサージュ · 2017年4月1日 土曜日

(こにしまり 春のコサージュ シロタエギク・ビオラ・ライラック)

今週は水曜から土曜まで営業したハコニワですが、

来週からまた少しお休みをいただきます。

4月13日(木)よりまた再開しますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

ベーグルは13日(木)に届きますよ。

 

その間に高校の入学式、大学の入学式。

いよいよ息子達も新しい世界に踏み出します。

私も、こにしまりさんの春のコサージュを胸につけて

晴れやかな気持ちで見届けたいなと思います。

 

上の息子は入学式よりも前に早くも大学が始まって、

刺激的な毎日のようで。

電話から聞こえる声がうちにいるころより少しハイテンション、

そして少し早口。

あのもっさりもっさり話す息子はどこいった?

「何を食べてるのか?」「部屋は片付いたの?」

「自転車を盗まれないように!」とか

「友達できた?」とか、もう聞きたいこと言いたいことは山ほどなのに、

2日に一度ぐらい、ラインに「いかがお過ごしですか?」と

遠慮がちなメッセージを送る、この切なさよ。

 

ふと思い出したこと。

私の小学5年生の時の女の担任は、生徒にやけに自習時間を設ける先生で、

それはそれで生徒たちにとっては少し嬉しい時間でもあるのだけれど。

先生はせっせとプリントを配った後、

やおら教室の端っこの方で段ボールを組み立てて、

なにやらごそごそ荷造りタイム。

男子はこっそりボール投げたり、女子は手紙を回したり。

先生そんなことは目に入るわけもなく、一心不乱に荷造り作業。

そんな中、私はひとり小賢しく、先生の怪しい行動に、

探偵魂をメラメラさせて突きとめた。

それは先生が留学先の娘さんへと缶詰やら衣類やらをいそいそと

詰め込んでいるという事実!

「い~けないんだ、いけないんだ♪ お母さんに言っちゃおう」

然して、帰宅して母にそのことを言いつけた私。

母ももちろん

「へ~、それは困った先生だわね。

そんなこと家に帰ってからやるべきだわ」

と鼻の穴を膨らませて怒り心頭のように見えたが、

かといって学校に連絡するわけでもなかった。

そんなおっとりした時代であった。

自習時間の先生の荷造り作業は、その後もなんどか続けられ、

挙句の果てに足りないものを先生のお気に入りの生徒に

買い物に行かせるという暴挙までもが!

私は「あ~あ、なんというオバチャンじゃ?」と

冷たい視線を投げながらも、

こっそり机の下で漫画を読むという楽しみに負け、

ピュアな正義感も批判魂も徐々に薄れて、消えていった、、、

その時もその後も軽蔑しかなかったあのオバチャン先生の、

尋常でないとち狂った母性を

今の私は笑えないな、って思います。ハハハ。

サクラの香りの紅茶をいただいたので、店番中に一服。

今日もまたまた寒くて

うちの近くのサクラはまだまだ蕾を硬く閉じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のハコニワと鯉のぼり · 2017年3月28日 火曜日

冬へ逆戻りした冷たい雨の二日間を経て、今日は暖かい日になりそう。

ウグイスの鳴き声が聞こえている朝です。

上の息子の引っ越しを終え、ひと段落。

今週は水曜から土曜まで、ハコニワOpenいたします。

そして今年もまた、真工藝の鯉のぼりが届きました。

季節は巡り巡ってまたこの季節なのだな~と感無量。

(いつにも増してセンチメンタルな私、、、)

それぞれ身の回りのいろいろな変化を経ながらも、

子供の無事な成長を祝って鯉のぼりを飾る、そんな季節です。

(真工藝 鯉のぼり 2670円+tax)

 

今週はいつもどおり水曜にオテテベーグルも届きます。

ぜひお立ち寄りくださいね。

 

 

 

 

 

今週のハコニワ · 2017年3月14日 火曜日

お陰様で、我が息子たち、無事それぞれの進路に

なんとか踏み出すことができました。

ホッとして喜びに浸るのもつかの間、

上の息子は、この春より親元を離れ一人暮らしを始めることになり、

目下、その準備に追われながら家事のイロハを伝授中。

そして母は物陰で涙をぬぐう日々(笑)。

寂しさを忘れるには、やはりハコニワで皆さんとお会いするのが

いちばんだな~と。

というわけで、ハコニワ、今週は水曜から土曜日までOpenいたします。

水曜日にはオテテベーグルも届きますよ。

それから、こにしまりさんから春のコサージュが届きました。

身近な春の庭にあるような草木花、オリーブ、ユーカリ、ビオラ

ライラック、そしてミモザ。

革や布を使ってそれはそれは丁寧に

仕立てられています。

さりげなく着けたい小さめのコサージュなので

普段使いにもぜひどうぞ。

来週はまた一週間お休みをいただきますので、

よろしかったら今週お立ち寄りくださいませ。

お待ちしています。

 

 

 

 

今週のハコニワ · 2017年3月7日 火曜日

庭のユキヤナギ、サンシュユが花をつけ始めました。

まだまだ気温は上がらずコートが手放せないものの、

春はそこまで来ていることに、ついつい気持ちが弾みます。

 

今週のハコニワは8日(水)9日(木)の2日だけのOpen。

久しぶりに水曜にはオテテベーグルも届きますよ。

植木鉢やプランタースタンド、ハンギング用のものも

入荷しました。

檸檬がのっているチークのトレイは、

果物や植物などを引き立ててくれるような、

プリミティブな雰囲気のあるトレイです。

そして、「つきのわ」さんから帆布のカラフルなバッグも届きました。

ツートンの組み合わせもかわいらしく、ちょっとそこまでという感じの

小さめのバッグです。

春を待つ心をくすぐるようなお品がいろいろ届いてますので

よろしかったお出かけ下さいね。

お待ちしております。

3日、4日営業します。 · 2017年3月2日 木曜日

ただ今お休みばかりいただいているハコニワですが、

今週は3日(金)と4日(土)はOpenいたします。

来週は8日(水)と9日(木)のOpenとなります。

8日はオテテベーグルも届きます。

入荷しているものもいろいろございますが、

なかなか落ち着いてご紹介ができずにいます。

写真の高塚和則さんのサクラの四角皿も久しぶりの入荷。

お皿としても使えますし、お茶の時間のトレイとしても

お使いいただけます。

 

昨日は上の息子の高校の卒業式でした。

本当に温かくて心に残る良いお式でした。

息子はたくさんの真心のある先生方と友人たちに囲まれて

親が思うよりずっと成長させていただいていたようです。

ある先生がくださった言葉で、

「生きるということは頂いていること、

生きていくということは返していくこと」という言葉が

心に残りました。

これから主体性をもって「生きていく」であろう息子は

今までたくさんいただいた皆さんからのご恩を、

今度はいろいろな場で返していく人になってほしいです。

 

ハコニワはお休みがちですが、

私もいろんなことを勉強させていただいてる時期かな~と。

濃密な時間をすごしている充実感の中にいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お休みのお知らせ · 2017年2月18日 土曜日

ハコニワは都合により、2月中はお休みをさせていただきます。

次回の営業は3月3日からを予定しておりますが

4月までは不定休となりますので、

詳細はHPのトップページをご覧くださいませ。

 

先日、美味しい練乳を見つけました。

ちょっとお高いですが、イチゴにトロ~ッとね。

糖分は受験生には大切ですし、

忘れっぽい中年女の脳にもきっといいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のハコニワ · 2017年2月13日 月曜日

季節を感じるのは寒暖ではなくて、実は光なんですね。

朝晩は相変わらず首を縮めてしまうような寒さですが、

お天気の良い日の昼の光はもう早春の訪れを知らせてくれて

一筋の希望のようなものすら感じてしまいます。

相変わらず二人の受験生のそばで落ち着かない毎日なので

私の本当の春はまだまだ先のほう。

いや、春が来るのかどうかもまだ見えずですが、

ご来店くださる受験生ママたちと手を取り合ったり、

先輩ママさんたちの激励とアドバイスをいただいたりできるのも

お店をやっていてよかったな~と思うところです。

 

さて、今週のハコニワは水曜日から土曜日までOpenいたします。

オテテベーグルも水曜に届きます。

ハコニワには春先に身に着けたい、ふんわりやさしい肌ざわりの

「羽織 HAOLU」というコットンウールショールが届きました。

たて糸に細いコットンを、よこ糸に洗っても縮みにくいような加工を

ほどこしたウォッシャブルウールを使っていて

ふんわり温かくてお肌に気持ちいいストールです。

大判ですが薄く軽いので、クシュクシュと首に巻いたり、

広げてヒラリと肩にかけたりできます。

お洗濯はご家庭で手洗いをお願いします。

(瑠璃、紅藤、銀鼠、青磁   3800円+税)

 

ハコニワは今週の営業を終えたら、2月いっぱいは

都合によりお休みをいただきます。

また、3月はやはりお休みが多くなりそうですので、

ご来店の際は、HPのトップページやこちらのブログをご確認の上

お越し頂けますようお願いいたします。

お電話でもご遠慮なくお問合せ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

今週のハコニワ · 2017年2月6日 月曜日

インフルエンザ警報が出ているようです。

予防接種を受けていても、大抵家族の一人は毎年インフルエンザに

かかってしまう我が家。

ひとまずこの冬はいまのところ大丈夫ですが、

警報が出たことで、ちょっとドキドキです。

まだまだこの先子供たちの入試があるのでなんとか感染は避けたい。

そこで、気休めとは思いいつつも、

いろいろ免疫アップのための工夫をしています。

ひとまず、栄養たっぷりの食事と睡眠は大切に。

毎朝のヨーグルト、ニンジンサラダ、

そして、実家の母から毎週届く手作りの甘酒。

米麹を炊飯器にセットして簡単に作れるそうな。

ほんのり控え目の甘さで、心身ともほっこり温まって

滋味深い味です。

あとはとにかく気合だ気合だ気合だ!

と、もっとも気合の足らない私が、家族にゲキを飛ばしています。

 

さて、今週のハコニワですが、

8日(水曜日)を都合によりお休みさせていただきまして、

木曜から土曜日の3日間、Openいたします。

いつも水曜に届くオテテベーグルは

今週は9日(木曜日)に届きますのでよろしくお願いします。

 

上の写真の珈琲と甘酒、砥部焼のそば猪口を使いました。

こちらのそば猪口やマグカップ、お皿なども砥部から届いています。

(砥部焼 そば猪口 1300円)

 

●追記 欠品しておりましたハコニワオリジナルキッチンクロスが

入荷しました。

 

 

 

 

おひつと飯わん · 2017年2月4日 土曜日

このたび、おひつが入荷しました。

木曽のサワラとヒノキの曲げわっぱのおひつ。

杉のものよりお値段もお求め安く、お手頃ですが

機能は十分すばらしいと思います。

一足先に我が家でも、「おひつ生活」はじめました。

結婚当初は夫の独身時代の炊飯器を使ったものの、

その炊飯器の柄に我慢ならず、

嫁入り道具の鉄鍋でお米を炊きはじめたのがきっかけで

「じゅうじゅう炊いたら火を引いて、赤子泣いてもふた取るな」を

実践し続けています。

近頃の電気炊飯器はさぞかし高スペックでしょうし、

タイマーがあればあと30分は寝坊できるなーと思わなくない。

しかし、そこら辺は妙に偏屈で頑なな私だけに。

鍋で米を炊きつづけるということを自らのちっぽけな誇りとして

生きているのであります。

そこにおひつが加わってしまったもんだから

ますますごはん自慢に拍車がかかるというもの。

「ハイハイ、ご勝手に」というツッコミをいれてるあなた様、

ツッコミをはねのけて言わせていただければ、

おひつ、なかなかいいですわ~。

ご飯の余分な水分を木が吸ってくれて、米粒がしっかり美味しい。

冷ごはんもこれまた美味しい。

糖質オフなんてアホくさ!食べるど~。

そしてまた久しぶりに、砥部焼の飯わんも届いております。

染付の青が立春の光に映えて、

春は近いな~と思わせてくれる清々しさ。

とにかく丈夫なので、普段使いにはもってこいです。

(おひつ3合用 9000円+tax      砥部焼飯わん 1600円)